国際ヨーガの日前夜祭

第2回を迎える国際ヨーガの日の前夜祭がインド大使館で行われました。

ぷるなよがからは、将口先生と生徒さんのおひとりと3人で参加させていただきました。

チノイ大使が到着されると開会し、まずは国際ヨーガの日に当たり、5分強のVTRが流れました。

内容は、ヨーガについて。ヨーガの歴史は古く、伝統的なものであることが説明されました。その際、2度ほどカイラス山が映され、ヨーガとカイラスとの結びつきをインドの方々も当然ながらわかっていらっしゃるのだと、改めて実感しました。カイラス山へは今、ちょうど金沢先生が修行に行っていますが、昨年は私も虫賀せ寧、島宗先生と一緒に修行に行かせていただいております。写真はカイラスで撮影した昨年の写真です。

カイラスと毛塚

ヨーガはスポーツではない。心身の調和を図り、ストレスを軽減し、ストレスに強くなるものだということを特に強調されていました。 

 続いて、モディ首相による第2回国際ヨーガの日に当たりというVTRが流れました。昨年ニューデリーで行われたモディ首相を先頭に3万7千人がヨーガを行ったイベントの様子が流れ、世界中の人々がヨーガを通して、心身の成長を遂げてくれればというお話でした。

 VTRが終わると、チノイ大使のお話になりました。昨年大使はメキシコに赴任されており、メキシコでは6千人が国際ヨーガの日お祝いイベントをされたということでした。ヨーガは世界中に広がり、その土地土地になじむように変化している。特に日本では、日本人の勤勉さがさらにヨーガを発展させていて、それが社会の役に立っているという話が印象的でした。大使は日本に留学されておられたので、日本のことに精通されていらっしゃるので、日本の「動」や禅に例えてお話されていたのも印象的でした。

 大使はスピーチ後退席され、次にマハリシ総合教育研究所の鈴木志津夫代表理事から、国際ヨーガの日記念Tシャツの贈呈がありました。

その後マハリシ総合教育研究所の鈴木志津夫氏、全日本ヨガ連盟の大橋一陽氏の2名の祝辞。その他、鳩山由紀夫氏など政治家からの祝辞紹介の後、今年全国で行われる国際ヨーガの日のイベント開催のお知らせがありました。

今年もインド大使館主催のイベントは泰明小学校で行うので参加を募る内容や、他で開催されるイベントも紹介されました。

ぷるなよがでは、19日に大宮公園で行いますので、みなさんも一緒に国際ヨーガの日をお祝いして、世界の人たちとつながりましょう。

最後はインド大使館で指導している先生とその生徒によるデモンストレーションが行われました。

昨日、国際ヨーガの日の話をヨガスタジオでさせていただきましたが、スタジオに通われている生徒さんたちは国際ヨーガの日の存在を知りませんでした。ぷるなよがでは、私がうるさく話しているので、みなさんご存知なのですが、まだまだ周知されていないので、これから頑張って広めていこう!という気分になりました。

2016年06月11日